プロ野球2020開幕日はいつ決まる?無観客や延期、コロナの影響を調査

新型コロナウイルスの影響でプロ野球の全試合が開幕すらしていないという状況で、アメリカMLBが7月上旬開幕に向けて前進したという一方が入ってきました。

その内容も昨年とは全く異なる内容となっており、日本の野球界でもどうなるのか注目を集めています。

この記事では、日本プロ野球の開幕日やシーズンの内容、無観客試合かについてと、アメリカの大リーグで開催されようとしている承認案をお伝えします。

アメリカMLBで7月上旬開幕に向けて再協議が始まった!

アメリカ大リーグでは7月4日の独立記念日の週末に無観客試合にて開幕をする案が大リーグ選手会に提示され協議となっています。

また、新型コロナの感染に備えて、他にも案が出されています。

  1. 7月4日の独立記念日に開幕
  2. 無観客試合にてスタート
  3. シーズン82試合
  4. プレーオフは10球団から14球団に変更
  5. スプリングトレーニングは6月開始
  6. 完全指名打者制
  7. 対戦は同地区内、もしくは同地区の交流戦に限定
  8. ベンチ登録メンバーを26人から30人に変更

例年とは全く異なるシーズン内容ですが、これは致し方ないかな思います。

ヨーロッパサッカーでも、試合開始の協議が再開された矢先に、とあるチームで10名以上の感染が発覚していましたし、大リーグでも感染を懸念する声は相当あるのではないかと思われます。

日本プロ野球2020はどうなる?開幕日や観客の有無について調査

日本でも5月11日にニュースが報じられていました。

記事はこちらです。

会見の冒頭では「現在の時点で開幕日を決定するのは難しい、厳しいご意見をいただき、それを受けて12球団会議をいたしました。(開幕の)日付けが決まらないというのは残念。選手、ファンの方々に心苦しい思いであります」と心境を吐露。ただ、前向きな方向性も示し、「今日、決まらなくても世界的に、日本でも努力で出口の話がいろいろ出てきている。ここから2週間、今月末まで感染状況を見ながら慎重に見極めて、着々と開催のための準備をして整うことを条件に来月半ばから下旬に開幕できることを目指そうということを一致している」とも語った。

 プロ野球の開幕は最短で6月19日が有力な候補日として挙がっている。この日の午前中にプロ野球とJリーグが設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」で専門家から「まだ予断を許さない状況」との見解を受け、開幕の日付けの確定は見送りとなっていた。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-00000104-dal-base

まとめるとこちらです。

  • オールスターは1軍、2軍ともに中止
    ⇒1951年にスタートした球宴の中止は史上初
  • は最短で6月19日が有力な候補日
    ⇒しかし、現実的には現在の時点で開幕日を決定するのは難しいとのこと

ファンの声は・・・早く開幕してほしい

まとめ

  • オールスターは1軍、2軍ともに中止
    ⇒1951年にスタートした球宴の中止は史上初
  • は最短で6月19日が有力な候補日
    ⇒しかし、現実的には現在の時点で開幕日を決定するのは難しいとのこと